オススメリンク

音でのトラブルを無くすために防音工事をしましょう。自宅で楽器を触る人、ペットを飼っている人、子供が元気いっぱいのお家。いろんな理由で工事が行われていますよ。

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年10月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

postheadericonハイブリッドピアノ

鍵盤

YAMAHAは2012年に電子とアコースティックの機能を組み合わせた「ハイブリッドピアノ」を作り上げました。内容は出てくる音はアコースティックを録音したサンプリング音なのですが、内部の機構にアコースティックと同じ、ハンマーを採用し電子タイプとアコースティックの差で一番ネックだったタッチの違いの差をさらに埋めた事です。

これにより、本格的に練習したいけど、自宅の事情でアコースティックピアノが置けないという人には強いアイテムになっています。

グランドピアノについて
グランドピアノはピアノメーカー各社様々なものを出していますが、アップライトと違い木目調のものはあまり見受けられません。基本的には全て黒塗りのものです。大きさも全長が2.2メートルから3メートルの「コンサート・グランド」、1.7メートルから2.2メートルの「パーラー・グランド」それ以下のサイズで「ベビー・グランド」が大まかな分類になります。

サイズが大きくなれば音の大きさも大きく、周波数も幅広く出ます。

postheadericon騒音被害

ピアノ

ピアノを自宅においている人にとって、防音のためのリフォームは非常に大きな関心ごとのひとつとしてとらえられています。

近所に対する騒音被害を未然に防止するためには、音を最小限に抑えるための設備を整えることが何よりも大切です。

とりわけ、一戸建て住宅のリフォームを行うにあたっては、高額の費用が掛かることがあるために、まずは信頼のできる複数の業者をしぼって、見積もりを提示してもらうことが良いとされています。

ピアノの騒音について
自宅でピアノを練習したり演奏したりする時、音が外にどう聞こえているかは気になりますよね。一昔前には、ピアノ騒音での殺人事件まで起きました。末永く演奏を楽しむためにも、子どもが気兼ねなく練習できるためにも、音の対策は大変大切です。

今、防音のリフォームもたくさんあります。大手楽器メーカーのヤマハでは、「アビテックス」という商品を出していますし、各住宅メーカーに問い合わせても、丁寧に対応していただけます。

postheadericonリフォーム時に防音対策を行う

ピアノ・鍵盤

リフォームとは改築もしくは増築の事を言います。築年数がかなり経過している物件はその分劣化している事が多いですが、改築もしくは増築を実施する事によって、耐久性や便利性が向上した物件に生まれ変わる事ができるようになります。

防音対策もリフォーム時に実施する事ができますので、ピアノなどをよく使用する方も安心して使用する事ができます。ただし実施する時は多くの費用が発生するので、慎重に検討しないといけません。

ピアノ専用の部屋にリフォームする
マンションなどでよく話題になるのが、ピアノの音です。

どこかのご家庭で練習していてもマンションの外壁に音が反射してしまうため、かなり気になります。
窓ガラスを二重にしたペアガラスのサッシを使用しても、上下左右に隣接している家には音が漏れてしまうので、隣近所からクレームが出てしまうと、練習を制限されてしまうこともあります。
それを防ぐためには、専用の部屋にリフォームすることです。
そうすることで、音が一切外部に漏れることはなくなります。